カスタム検索

2005年06月01日

5/31のカンパネラ

image/pianolesson-2005-06-01T00:24:49-2.JPG

ひゃー、最後に練習した日は5月9日!
3週間も「ラ・カンパネラ」に触れてませんでした。

とりあえず、12小節目まで右手を練習。ヒット率低し。やはり毎日右手だけでもやっておかなければと痛感。

それから今日は新たに左手を練習してみました...難しいです。
フジ子さんはこんな和音をきれいに早く弾いていたのねと気づかされました。「シャープはファドソレラ」を呪文のように唱えながら練習。

当面の目標は12小節目までを両手でひく事! コレに決定です。
posted by スミゴルフ at 00:24| 大阪 | Comment(13) | TrackBack(0) | ラ・カンパネラ奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/31の練習

今日も「ピアノのテクニック」から練習スタート。今日は15ページの第47番を練習しました。このページは「弱い指のための特別練習」となっているようです。3,4,5の指を使って弾くように指定されています。ずっと弾いてたら、左手の薬指と小指が疲れてきました。鍛えられてる証拠でしょうか。ブルグミュラーの「アラベスク」を弾く前にやっておくと良いような気がしました。

次に「チェルニー」の第1番から第7番まで通して弾いたあと、第8番の練習をしました。ドレミファソラシドと右手で弾く時、1-2-3-1-2-3-4-5と弾くように小さい頃たくさん練習したのですが、この曲の後半は1-2-3-4-1-2-3-4と弾かないと次が上手く弾けないようになっていて、小さい頃に身に付けたクセのせいでちょっと苦戦しています。部分練習が必要だなと思いました。

そして「ブルグミュラー」の第20番にとりあえず合格点をあげ、次の曲第21番「天使の声」の練習に入りました。以前頂いたコメントでこの曲が良いと聴いていましたが、ホントに素敵な曲です。弾いていて気持ちがよいです。
そういえば、今日の「ゆうがたクインテット」でブルグミュラーの「スティーリアの女」のアレンジが披露されていました。先日は「エリーゼのために」のアレンジも聴けたし、自分の弾ける曲がアレンジされて流れるととっても嬉しいです。ヴァイオリン版「スティーリアの女」はかなりよかったです。アキラさんに感謝!

それから「エリーゼのために」、「ジムノペディ第1番」を弾いてとりあえず練習終了しました。
posted by スミゴルフ at 00:21| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。