カスタム検索

2005年11月16日

紙鍵盤

image/pianolesson-2005-11-16T12:02:08-2.JPG

今ピアノが弾けないので、気休めに楽器店で紙鍵盤を買いました。紙鍵盤といってもビニールでコーティングしてあるので、汚れたりしても水ぶきができます。折りたたむと25センチくらいかな。(定規がないので正確なサイズが分からないのだけど。)

安いキーボードや、今話題のハンドロールピアノ等もありますが、アコピを持ってるから、すぐにいらなくなるし、とりあえずこれで我慢です。

鍵盤は実物大で4オクターブあります。


練習用鍵盤「マイ・タッチ」
posted by スミゴルフ at 12:02| 大阪 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

ハノンの練習法

ハノン」の練習法について、みいさんからすばらしいアドバイスを頂きました。
コメントに埋もれさすのはもったいないので、記事にさせて頂きます。

*************************

<注意事項>

・ハノンやエチュードは、弾き方と練習時間によっては、指を壊しやすいので、気をつけて下さい。
・異常を感じたら、すぐ休むことです。

指を壊してしまうと、元も子もありませんからね。大事だと思います。


<弾き方>

弾き方としては、力の入れ方より、抜き方を覚える事です。16分音符の始めの音にアクセントを置いて、他は力を抜くように弾きます。(4つずつ、音をまとめて弾きます。)

指の第一関節が、へこむようなら、ゆっくり1音ずつ練習するのも、いいですね。


<テンポアップ>

ハノンのテンポUPをはかるには、P4〜5の、リズム変奏を使うと良いです。

まず、3,4,5、の十六分音符の入ったリズムで弾いてみてください。
拍の頭の音にアクセントをつけるのは、以前と同じです。
長い音(8分音符)も、少し強めに弾きます。・・というのは、ピアノは音が減衰していく楽器なので、同じ音量で弾くと、16分音符だけ、大きく聴こえるからです。
後は、あまり速く弾かずに、正確にリズムを弾くようにします。16分音符は、8分音符の倍速です。要するに、そこを速く弾けるように練習すれば良いのです。普通に弾いても、16分音符の部分は、かなり速くなっているはずです。

出来るようになったら、次は、9,10,11、の3連符系のリズムで弾きます。このリズムだと、8分音符の3倍の速度で弾く事になります。ゆっくり、リズムを正確に弾くのは、同じです。

この練習で、うちの教室の生徒は、四分音符=96〜108位で、弾けるようになります。(ちなみに、わたしは、四分音符=120で弾けます。)20番台が大変ならば、1番に戻って練習してもいいですね。

ソナチネを4〜5曲(全楽章)弾いたなら、手のポジション移動の多い曲を弾く事をお奨めします。
たとえば、乙女の祈り(バダルジェフスカ)とか、花の歌(ランゲ)とか、ワルツ14番(ショパン)とかです。テクニックUPにつながります。

*************************

とても参考になりました。みいさん、素敵なアドバイスありがとうございました。ぴかぴか(新しい)
posted by スミゴルフ at 00:43| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 頂いたアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

せっかくの練習熱が...

今日は、夕方の4:30起床でしたがく〜(落胆した顔)
なんだか起きれなかったです。と言うわけでピアノの練習できず。

それと、最近かなり本気モードだったのですが、ダンナの仕事の都合で来週から数ヶ月家を空ける日が多くなることになってしまいました。

以前は滋賀で、電車ですぐに移動できる距離だったのでしょっちゅう大阪の家に帰ることが出来ましたが、今回はちと遠い。

ピアノをそこに持っていくことが出来ないので、今年度中はピアノの練習を断念しなくてはなりません。小学生のときにやったことがあるのですが、厚紙で紙の鍵盤でも作ろうかなあと考えてます。とりあえず紙の鍵盤と「ハノン」があれば気休めにはなるかなあ。

くやしいですが、家庭の事情だから、しょうがないですね。

できる練習をやりたいと思います。

いぜん、Shino。さんに頂いたアドバイスをもう一度チェックしました。それにしても、ピアノと離れるのは寂しいです。
posted by スミゴルフ at 00:22| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

11/9の練習

今日は午前中は調子良かったのですが、午後からものすごい睡魔が...

ピアノの練習を午前中にやっておけばよかった。

という訳でかるーく練習。

今日は「ハノン」の第25番と第26番を練習しました。第25番にかなりてこずりましたが、なんとか弾けるようになりました。そこでメトロノームをテンポ60にあわせて第25番と26番を通しで4回練習。

そして「ソナチネ集」からクレメンティのOp36-No.3の第1楽章を練習。この曲、弾いてて楽しいです。私って良く言えば想像力豊で、悪く言えば妄想癖があるのですが(汗)、この曲弾いてるときピアノと私の乗った台がくるくる回転してるような感覚に陥ります。なんか変なんです。よくテレビドラマで出演者の周りにサークルのレールを敷いてカメラマンの乗った台車を動かして撮影するアレ。あの映像の中に自分がいるみたい...

ってあんまり書くと変な人みたいなのでこの辺にしておきます。

でもこの曲はそれくらい夢中になって弾ける曲です。暗譜で弾けるようになったらもっと楽しいだろうなあ。

今日はちょっと寝不足でフラフラでした。
posted by スミゴルフ at 20:35| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

11/8の練習

今日は「ハノン」から練習スタート。21番から24番までをテンポ60で練習しました。21と22、23と24はセットで4回づつ練習するように指示がありましたが、きっちりやると、指が滑らかになる感じですね。いま、パソコンのキーボードがめちゃめちゃ軽いです。でもテンポを上げたらどうなることやら...とりあえずテンポ60で一通り練習する事にします。

ここ数日は「ハノン」にだいぶ時間を割いていますが、その後の練習がとってもスムーズに行くようになりました。

ずっと頭を悩ませていたトリルがなんとか形になってきたのです。指が動いてくれるってこんなに快感なのかあと感動する毎日。

というわけで「ソナチネ集」のクレメンティのOp.36 No.1 第2楽章のトリルが上手く弾けるようになり、第3楽章も一応クリア!ということで Op.36 No.1 はとりあえず練習終了することにしました。 次の Op.36 No.2の楽譜を見ましたが、ちょっと記憶にない曲でした(汗)。子供の頃に聞いたことのある曲なら取っ付き易いのですが、聴いたことがないとかなり大変。先日CDショップで見かけたソナチネアルバムのCDを購入しようかなと頭をよぎる...

とりあえず、Op.36 No.2 は飛ばして Op.36 No.3 を弾くことにしました。これは昨日弾いた曲なのですんなり練習に入れました。小さい頃の記憶の存在って意外と大きいです。

そうそう、昨日偶然観た月9ドラマで「Op」は「オーパス」と読むということを初めて知りました(恥)。さっそく音楽用語辞典で調べましたら、オプス(ラテン語)かオーパス(英語)と発音し、意味は「作品、作品番号」との事。人前で「オーピー」と発音して恥をかく所でした。(ってここに書く時点で恥をさらしてるんですけどね。)

それから先日購入した、サティのCDを参考に「ジムノペディ 第1番」を練習。この曲って癒されます。「第2番」「第3番」も素敵な曲なので「3つの ジムノペディ」を制覇したくなってきました。

今日は、ちょっと私用でいろいろと考え事があったのですが、ピアノを弾いていると、よい気分転換になるというか、ちょっと気分が晴れました。ピアノで身も心も健康体になれそうです。
posted by スミゴルフ at 17:10| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

いすの高さ

最近本気モードに入ってきたところで、以前購入した「ピアニストへの基礎」という本を読み返しています。

右手のオクターブが容易に弾けるようにと願いを込めて、本に書かれた手のマッサージを始めてみたり、朝起きたら体操をしたりしています。

今日はいすの高さを再確認してみました。そして今より少しだけいすを高くしてみたのですが、とても良い感じです。

「腕の重みで鍵盤を押す」とはこういう事かあと実感することが出来ました。今までの高さだと少し低かったようです。

余計な力が要らなくなったので、その分運指が楽になりました。今日はいつもより疲れませんでした。

ちょっとのことでこんなに変わるとは...感動しました。

ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために
ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために
posted by スミゴルフ at 16:20| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/7の練習

たくさん書いたのに、全部消えてしまいました。
保存しておけば良かった(泣)


ここ数日「ハノン」にはまってましたが、第1部が終了しました。
指示通りに弾いてたら、いつまでかかることやらと思っていましたが、なんとかクリア。ちょっとしたゲーム感覚で楽しくやっています。それにしても最後の3曲は難しかった。指を広げるってかなりシンドイですね。

とりあえず、テンポ60で通して弾けるようになりました。

ハノンさんは「この全巻は1時間で弾けます」なんて言ってるけど、途中で「第1番と第2番を止まらずに4回弾きましょう」とか矛盾したこと書いてます。ちょっと笑えます。とりあえず、今回は途中の指示通りにやってみました。(たぶん「この全巻は1時間で弾けます」というのは速いテンポで全部の曲を1回づつ通しで弾いたときの話なんでしょうね。私には程遠いはなしです(汗))

今日は第1部が終了したところで、昔弾いていたある曲が弾いてみたくなりました。

幼い頃、5つ上の姉が一生懸命練習していたソナチネの曲。バイエルと鬼教師に辟易していた私が、姉のいない隙にこっそりと練習していた曲です。

ソナチネ集」に載っているクレメンティのOp36-No.3の第1楽章。「ソーミ ド ソ・ソ・ソ」で始まるピアノを昔習っていた人なら一度は聞いた事のある曲だと思います。

その曲を弾いてみたら、思っていた以上に指が動いてくれました。ハノン効果???

指に力が付くと、曲を自由に弾けて楽しいということが分かりました。ハノンを継続して練習して、基礎力を付けていこうと思います。

「5本の指をみな平均して訓練すれば、ピアノのために書かれた曲は何でも弾くことが可能になるはずです。残る問題は指づかいだけとなり、これはまたたやすくかたづきます。」by HANON

ハノンさん、大きく出てますね。でも、単純に考えればその通りだと思います。
単純な私は、この文章にノセラレテしまいましたわーい(嬉しい顔)
posted by スミゴルフ at 16:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

11/5の練習

今日は通院後、CD屋さんでいろんなCDを物色&試聴&購入。気付いたら数時間経ってました。

その後、「ゆうがたクインテット」が楽譜を発売したと聞いて、楽譜売り場にも寄って見ました。その楽譜は番組で歌ってる曲を弾き語りしようというもので、クラシックをアレンジしたものではありませんでした。というわけで購入せず。クラシックのDVDが出たら、欲しいかなあ。

また売り場には「のだめカンタービレ」の楽譜も。すごいですねえ。楽譜まで出してますよ。
入門編と上級編と2種類あり、ベートーベンの「悲愴」やガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」を簡単に編曲したものが載ってました。入門編にはのだめによる音符や音楽記号の解説なんかも載ってました(笑)。そして上級編にはのだめカンタービレSelection CD Book
に収録されてる海老原大作の「ロンドトッカータ」のスコアが。本格的です。

ピアノソロ のだめカンタービレの世界 (入門編)

ピアノソロ のだめカンタービレの世界 (上級編)

↑買いませんでした。編集してあったので...


その後、急いで帰宅。今日はピアノの調律日なので、それまでに今日の練習をしなければなかったからです。

家に到着してから調律の時間まで1時間。ハノンを練習した後、せっかく調律の日なので上蓋を開けて弾いてきました。音に迫力がありますねえ。ほこりが入るから普段は出来ないけど、調律の日(年に1回)くらいは楽しむのも良いかもしれません。

とにかく音が部屋中に響いて気持ちが良かったです。ジムノペディとか最高でした。(響きが)
posted by スミゴルフ at 21:15| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近購入したもの

スパイラル(初回限定盤)
スパイラル(初回限定盤)

先日通販で注文したものが届きました。
「リバース」と「エッジ」という曲がお気に入りです。
彼女のライブのチケット(大阪では3days)はまだ余りがあるようで、観に行きたい気分は山々なのですが、とても体力の要りそうなライブなので今回はちょっと控えようと思います。
元気に完全復活したら、ぜひ生演奏を聴きたいですねえ。


ザ・ベスト・オブ・サティ
ザ・ベスト・オブ・サティ

「ジムノペディ第1番」を弾く身としては、1枚は欲しかったサティのCD。たくさん収録されててお値段1,700円!!しかも、曲解説が大変丁寧です。買って良かった〜。
今聴いてますが、癒されます〜。
変なタイトルの曲が多いけど、良いですねサティ。不思議な映画を観てるような気分です。

演奏者のチッコリーニさんと言う方は22歳で音大の教授になった人なのだそうです。世の中にはいろんな人がいるんですねえ。


井上直幸ピアノ奏法 2 (2)

これはDVDブックです。「タッチとペダリング」について解説したお勉強DVD。
「エリーゼのために」を弾いてていつも悩んでいるペダリング。参考になるかなあと買ってみました。中身を知らないのに定価2,800円の商品を買うなんて、かなり冒険です。でも私の愛用してる「ソナチネ集」を出版してる春秋社さんから出てる商品なので信じてみることにしました。
後日、感想でも...
posted by スミゴルフ at 20:59| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

ハノン修行

昨晩、ハノンをずーっと研究してました。

全訳ハノンピアノ教本  全音ピアノライブラリー

全訳ハノンピアノ教本 全音ピアノライブラリー


そして、いろいろな練習方法を見てたら、コレ弾きたい!と思ってもすぐに壁にぶつかってあきらめてきたあんな曲やこんな曲が、自分の指のトレーニング次第でなんとかなるような気がしてきました。

「トリルがあるからムリー」と、そこでストップしてしまったあの曲も
和音が連続して出てきて、「滑らかに弾けないからムリー」と投げ出してしまったあの曲も

振り返れば自分の技量不足が原因。

「ピアノは心で弾くものよ。」

ごもっとも。私の最終目標はそこです。
でも、心で弾く前に最低限の技量がなくてはお話になりません。

ということで、ここはひとつ、ハノンとともに修行の旅に出ることにします。
(って家の中でだけど。)

しばらくハノン漬けの生活に入りたいと思います。

私の思い込みに過ぎないかもしれませんが、そこが独学の楽しみ。違うと思えばまた他の方法を考えりゃあいいのさ!!

がんばるぞ! おーー!!
posted by スミゴルフ at 15:20| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

11/3の練習

昨日、友人が「誰でもピカソ」に上原ひろみが昨年出演したときのビデオを見せてくれました。

先月も「誰でもピカソ」に出ていましたけど、本人出演部分を除いたVTRはこの昨年出演したときのものを抜粋したもののようでした。

その中で、彼女が「ハノン」の楽しい弾き方や早弾きを練習するきっかけになった曲は「ブルグミュラー」の最後の曲「貴婦人の乗馬」だったという面白いくだりがありました。

という訳で今日は「ピアノのテクニック」の練習はお休みし、「ハノン」を練習することに。
先日コメントを頂いたhalさんにも「ハノン」をちょうど薦められた所だったのでちょうど良かったです。

実家から持ってきたのでかなり年季の入ったこの楽譜...懐かしい。

彼女の言う「ハノンの楽しい弾き方」というのは右手を楽譜の指示通りに、ただし連符の1音目を付点16分音符に変えてアレンジして弾き、左手はアドリブで和音を弾くというもの。即興で弾くにはかなり難しかったのですが、楽しかったです。
この音階とこの和音は合わないのねえとか感覚的に覚えていく感じでした。慣れれば、きれいな音楽になりそうです。
上原ひろみさんがひくとジャズ風にアレンジされたひとつの曲のようでとっても素敵でした。

今日、「ハノン」を弾いて思ったのですが、「ピアノのテクニック」はハノンを短くして、変奏例がたくさん載っているという感じ。基本的には使い方は一緒のようです。でも短いし、変奏例が楽しいので、「ハノン」は長くて続かないという私のような人間には「ピアノのテクニック」がオススメなのかもしれません。

ただ、「ハノン」にはトリルの練習法などが載っている事が分かりましたので、活用していこうかなあと思ってます。(halさん、ありがとうございました。)

そして、「ブルグミュラー」から好きな曲を数曲弾いた後、「貴婦人の乗馬」にチャレンジ。私は20番まで弾いた後、勝手にブルグミュラーを卒業したので、この曲は練習したことがありませんでした。難しいけど、やりがいのある曲です。弾む感じでとっても楽しい。よし、コレを練習して、完成させよう!

それから「チェルニー」を数曲弾いてから、練習終了。

独学だと練習がマンネリ化しますが、こういう楽しい音楽番組を観ると、練習意欲が湧きますね。

全訳ハノンピアノ教本  全音ピアノライブラリー
全訳ハノンピアノ教本 全音ピアノライブラリー

posted by スミゴルフ at 18:35| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

マキシムの演奏、期間限定配信

Yahoo!で12/2までマキシムのニューアルバム「ニュー・ワールド」のショーケースの様子がストリーミングで観られます。
Yahoo会員であれば高画質動画が観れますよ!

彼のピアノ。すごく良い音だなあと思います。
でも、デジタルな音と合わせてる曲より、彼の独奏が好きだなあ。

ショパンの「ノクターン 第20番 嬰ハ短調」

なんか心に染み入りますねえ。弾いてみたい曲がまたひとつ増えてしまいました。

彼の手って大きいなあ。最初はピアノの鍵盤が短いのかと錯覚してしまいました。「スーパーピアノレッスン」のルイサダ氏の手を見たときもそう思いました。

それにしても、彼に弾いてるピアノすごいですね。西洋人にしか似合わないようなデザインです。リチャード・クレイダーマンを思い出してしまいました。


ニュー・ワールド
ニュー・ワールド



posted by スミゴルフ at 12:52| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/2 の練習

うう。また風邪ぶり返しました(汗)

鼻水だらーん。です。

とりあえず「ピアノのテクニック」だけでもやろうと思います。

皆さんも、風邪には気をつけてくださいね!
posted by スミゴルフ at 12:40| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

11/1の練習

今日は「ピアノのテクニック」から練習スタート。第8番を弾きました。今回はスムーズに弾けました。私の中に苦手なものと得意なものとあるのかしら...

次に「チェルニー」の第8番の練習。つ、辛い。前々回よりは前回、前回よりは今回とマシにはなってきてるんだけど、まだまだ苦戦しています。これは、パート分けて右手だけで練習しないといけないようですねえ。(←最初からやれって感じですけど。)がんばります。

そして「ソナチネ集」よりクレメンティOP36 No.1を練習。第2楽章のトリルも少しは様になってきたし、テンポを上げても弾けるようになったので第3楽章をさらってみることにしました。なんか聞いたことのある懐かしい曲でした。簡単そうに見えて所々「おっと」って言うところがあるのですが楽しく弾けました。次回からは第2、第3楽章を中心に練習して行こうと思いました。

最近コメントをくださる皆様に感化されて、「ラ・カンパネラ」を少しだけ弾いてみました。最初の12小節を暗譜でゆーーっくりと弾いてるんだけど、果たして、楽譜を見て弾けるのだろうかと怖くなりました。

ちょっと疲れたところで練習終了。

うーん、体力がないなあ...
posted by スミゴルフ at 15:09| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。