カスタム検索

2006年01月18日

チョップスティック

先日5日間大阪の自宅に帰ってました。

でも人にあったり、やる事が山積みだったりで、なかなかピアノには触れず。

実は、この間に、東京にいる姉が遊びに来ていたのですが、久しぶりに二人でピアノを弾きました。姉は約20年ぶりに、私は2ヶ月ぶりにピアノに触りました。

まずは指ならしで、私が幼い頃、発表会の際に姉妹で連弾した「チョップスティック」を弾きました。あの頃は私の手は小さく、姉は私より背が高く、指も長くとかなり身体的に差がありましたが、今では私の方が1センチ身長が高く、指の長さはほとんど一緒。

私と姉は5つ近く年の差があったので、私のピアノスキルはかなり低く、私のレベルに合わせて連弾の曲が選曲されたため、「もっとかっこいい曲を弾きたかった」とぼやいていた姉。確かに他の人たちの発表を聞いていると、高学年の年子の姉妹の連弾は難度も高く、かっこ良かったのです。しかも「こんな簡単な曲レベルの子」と思われるのが姉には悔しかったに違いありません。でも、私なりに姉に悪いなあと思いつつも、ひねくれていたので姉に謝った事は一度もありませんでした(爆)。

ただ、この「チョップスティック」。ブランクのある私たちには最適な連弾曲でした。伴奏(姉のパート)は同じ事の繰り返しだし、私は個人的にこの曲が好きで何千回弾いただろうと言う位弾き込んで来たので、なんと1回で息もぴったりに弾けてしまいました。

また、この曲の楽しさが、私たち姉妹を童心に帰らせてくれました。

それから、ソナチネ集を引っ張りだして、一緒に弾いたのですが、二人ともその曲を知ってて以前弾けていただけに、頭の中のメロディーはどんどん進んで行くのに、指がそれに着いて行かないと言うおかしな展開に。二人でメロディーを歌いながら弾いていたのですが、歌だけが先にどんどん進んで行くのです。おかしくてたまりませんでした。

ふたりで「そこはフォルテ!」「次はピアノ!」「違うて、シャープ!、シャープ!!」と体育会系に声だししながらクレメンティを弾きました。そして弾き終わった後、お腹の底から笑いました。

たぶん、私たちのピアノ歴が途絶えていなかったら、こういう楽しい時間を送る事は無かったような気がします。モノは考えようですねえ。

姉のブログ
posted by スミゴルフ at 13:36| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!お久しぶりです。
お姉さんとのチョップスティックス、とってもほほえましいですね。
わたしも数年前の娘がまだ幼い頃、発表会でチョップスティックスを一緒に連弾しました。
先生として弾いたのか、母として弾いたのかは意味不明ですけれども。。
でも娘と一緒に弾くのは、楽しかったです。
中学生になった娘は、今ではピアノに見向きもしませんが・・。
Posted by みい at 2006年01月18日 19:26
★みいさん
ご無沙汰しています。更新していないのに、忘れずに来ていただき、ありがとうございました。

お箸は複数形だから「チョップスティックス」ですよね。タイトルを間違えて覚えてました(笑)。

娘さん、ピアノに興味がなくなったのでしょうか。残念ですねぇ。でもまた弾きたくなる日が来るかもしれません。その時は是非連弾してみてください。
Posted by スミゴルフ at 2006年01月19日 10:30
 こんにちは!
 お元気だったんですね。 ときどきお寄りして更新されていないので 「まさか 引退?」 なんて思ったり --- 。
 お姉さんとの連弾、さぞなつかしかったことでしょう。 うらやましいです。 
Posted by るばぁと at 2006年01月22日 10:41
るばぁとさん
私のブログを忘れずにいてくださってありがとうございます。
主人の仕事の都合で、3月半ばまでプチ引っ越し中で、ピアノが弾けないのです。
今回は姉との連弾も出来ましたし、楽しい帰宅でした。またピアノを弾いたら更新します。
Posted by スミゴルフ at 2006年01月22日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。