カスタム検索

2005年03月04日

リチャード・クレイダーマン「メモリー」

先日購入したリチャード・クレイダーマンの「メモリー」良いです。

何といってもピアノ弾いてる手を結構アップにして映してくれているのが嬉しいところです。力が入ってないのにきちんと鍵盤をとらえていて、滑らかに弾いてる。私なんか、力みまくっているので、とても参考になりました。

また、いろんなピアノで演奏してくれているのも面白いです。日本で撮ったと思われる映像ではきちんと「YAMAHA」が使われていました。(笑)私の中で彼は「白いピアノ」というイメージが強いのはなぜでしょうか。

ただ、80年代から2000年までの映像を抜粋して収録されているとあって、時代を感じて思わず笑ってしまう映像も多々あります。

エアロビ(?)をやっているダンサー達の中でさわやかな笑顔でピアノを弾くリチャード。
「マツケン」もびっくりの万華鏡状態の映像でもさわやかなリチャード。

そして、極めつけは1曲目の「渚のアデリーヌ」です。
パリ市街の映像の中でピアノを弾く若いリチャード・クレイダーマン。
私は最初、パリ市街の映像の中に彼の演奏している映像を合成したハメコミ画像だと思って観ていたのです。
すると、彼のあのさらさらヘアーがたまに激しく乱れるのです。「ん?風?まさかね。」
映像はどんどん進み、凱旋門まで来ました。信号が赤です。リチャードのピアノも停止しています。前に止まっていたバイクのおじさんが振り返ってしきりにこちらを見ています。
「まさかね...」
演奏も終盤、今度はエッフェル塔が見えてきました。そこで決定的なものを見てしまいました!

『ピアノにエッフェル塔が映ってるがく〜(落胆した顔)

どうも、トラックの上にピアノを載せ、パリ市街を走りながら撮影しているようなのです。間違いありません!!

そういう状況にありながらも、たまにカメラ目線を送り微笑んでファンサービスするリチャード。「あぁ、あんたイイヤツだよ。」

私の母が彼に惚れてた訳が分かりました。80年代彼にメロメロ(死語?)になった女性は多いはず。今でいうヨン様ですね。きっと。(ちなみに私の母は今はヨン様ファンです。)

若い彼も素敵だとは思いますが、私は年取ったの彼の方がステキだなあと思います。

興味のある方は一度観てみてください。クラシック曲も収録されていて、なかなか良いですよ。
posted by スミゴルフ at 14:13| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご存じかしら・・。フジ子さんは、リチャード・クレイダーマンのことお気に入りなんですよ。フジ子さんの著書の中でも書いておられましたし、今回武道館でいただいたクレイダーマン・ジャパンツアーのチラシにも載っていました。面白い繋がりですね。

そして、フジ子さんの演奏風景の映像ですが、発売されてるDVDでも楽しめますし、明日のスカパー、クラシカジャパンで、「フジ子・ヘミング&モスクワ・フィルハーモニー交響楽団」「フジコ〜あるピアニストの軌跡」「フジコふたたび〜コンサート in 秦楽堂」が放送されます。去年は「翔け!フジ子・ヘミング ・・」も放送されたのですよ。
ただ、この放送は契約の必要な有料クラシック音楽専門チャンネルなので、どうかな・・。

シンフォニーホールのリサイタルに行けるのですね。
よかったね!!!  私もうれしいよ〜。






Posted by byonbyon at 2005年03月04日 16:21
そうなんですか?フジ子さんの本はまだ読んだ事がないので、チェックしてみます。すごい偶然。なんだか嬉しいですね。

フジ子さんはヨン様はどうなんでしょうね??

>明日のスカパー、クラシカジャパンで、「フジ子・ヘミング&モスクワ・フィルハーモニー交響楽団」「フジコ〜あるピアニストの軌跡」「フジコふたたび〜コンサート in 秦楽堂」が放送されます。

残念ながら有料番組は契約してないのです。観たいなあ。
Posted by スミゴルフ at 2005年03月04日 17:20
始めまして、こんにちは。
私のブログに遊びに来ていただき、ありがとうございました。

渚のアデリーヌは、私もぜひ弾いてみたい曲です。
弾きたい曲は沢山あるのですが、弾ける曲はほとんどないというのが、さびしいところですが(笑

ピアノを習い始めて、やっと1ヶ月たちました。
ブログもピアノも、気長に続けていこうと思っていますので、時々遊びに来てくださいね。
Posted by lusia at 2005年03月04日 17:45
lusiaさん遊びに来てくださったのですね。お忙しい所ありがとうございます。とても楽しいブログですね。

「渚のアデリーヌ」は弾けるようになるととても気持ちが良いですよ。早いところを引き終えた後のチャーン チャーン が快感です(こんな説明で分かりますかね?)。
Posted by スミゴルフ at 2005年03月04日 19:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2248577

この記事へのトラックバック

ベートーベン 交響曲第7番イ長調 作品92 Ze
Excerpt: 私のようなクラシックにあまり詳しくない者にとっては、知っているベートーヴェンの交響曲といえば「運命」と「第9」、さらによくて「田園」程度です。ましてやタイトルのないこの交響曲第7番など、おそらく一生ご..
Weblog: なごみの記録
Tracked: 2008-01-19 11:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。