カスタム検索

2005年10月03日

10/3の練習

昨日の上原ひろみさんのピアノに感化されて、久しぶりにピアノに向かいました。

まずはピアノの埃をはらい、きれいに磨いた後、お部屋のお掃除。
「きれいな音楽はきれいな生活から(by千秋先輩 from のだめカンタービレ)」
だったかな? 高校時代部活(弓道)をやる前にまず道場の掃除から始めていた事を思い出しました。

さてさて、ピアノのご機嫌はいかがでしょう...ドキドキしながら音をだしてみたらきれいに響いてくれました。嬉しい!

まずは「ピアノのテクニック」から練習スタート。久しぶりなので、なんだか肩に力が入ってしまいました。腕はすぐにパンパンに。ぶらぶら運動をしながら第1番をずーーーっと弾きました。30分くらいやったかも。指が慣れて来た所で48ページのオクターブの練習をしました。腕はしんどかったですが、右手が結構開いてくれて嬉しかったです。

それから「ソナチネ集」からクレメンティOp.36.No.1.の第1楽章を弾きました。ゆっくり→速く→ゆっくり→速くと速度を変えながら何度も弾きました。速く弾いた方がミスタッチが少なかったような気がします。なんでだろう。勢いで弾けてしまうのかな?音楽記号にも気を配りながら弾く事ができました。

それから第2楽章にも挑戦してみました。トリルがなんとも怪しいですが、初見にしては結構弾けたのではと自分では思ってます。とても素敵な曲なのでマスターしたいなと思いました。

その後、「渚のアデリーヌ」、「エリーゼのために」、「ジムノペディ第1番」、「わすれな草」と今まで練習して来た曲を弾いてみました。

ピアノのご機嫌は終始よかったので、嬉しかったです。風邪も治ってきてるし、最近は体調もよくて規則正しい生活が出来て来ているので、午後をピアノの練習に当てようかなとおもいます。

やはり、良い音楽を聴いて、刺激を受ける事は良い事ですね。練習にハリがでます。

posted by スミゴルフ at 16:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7640143

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。