カスタム検索

2005年11月07日

いすの高さ

最近本気モードに入ってきたところで、以前購入した「ピアニストへの基礎」という本を読み返しています。

右手のオクターブが容易に弾けるようにと願いを込めて、本に書かれた手のマッサージを始めてみたり、朝起きたら体操をしたりしています。

今日はいすの高さを再確認してみました。そして今より少しだけいすを高くしてみたのですが、とても良い感じです。

「腕の重みで鍵盤を押す」とはこういう事かあと実感することが出来ました。今までの高さだと少し低かったようです。

余計な力が要らなくなったので、その分運指が楽になりました。今日はいつもより疲れませんでした。

ちょっとのことでこんなに変わるとは...感動しました。

ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために
ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために
posted by スミゴルフ at 16:20| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか最近のスミゴルフさんは、ピアニストになる為に毎日生活してるような感じですね。

椅子の高さ調節って本当に重要ですよね。
我が家のピアノ椅子は調節できないんですけどね。
そういえば、上原ひろみが椅子の上に本を置いて高さ調節しているのを見た記憶がありますよ。
Posted by rice at 2005年11月10日 21:45
なんだかねえ、毎日ちょっとづつですが上達していくのが楽しいですね。

それにこの本、分かりやすいんですよ。

>上原ひろみが椅子の上に本を置いて高さ調節しているのを見た記憶がありますよ。

そうなんですか?普段の練習ではそうしてるんですね。(まあ最低4時間は弾いてるって言うから高さは重要ですよね。)ライブでは立って弾いてますからね。一度真似しましたが、かなりしんどかったです。

riceさんも本などで調節してみてはいかがですか??鍵盤を押したときにひじが少し高いくらいが理想だそうです。
Posted by スミゴルフ at 2005年11月10日 23:34
今日、久々にピアノ弾いてみました☆
スミゴルフさんの熱心さに惹き込まれてしまいました♪

椅子の高さ…変えられないので座布団重ねたら、大分ラクになりましたw今まですぐ腕がかたくなって余計な力が入りすぎてたんですが、今日は長時間弾いてても、そんなことなくて。。
ピアノ教室では椅子の高さ変えてたの思いだしました☆

ピアノの本もたくさんあるんですね。一度も読んだことないので、いつか読めたら読んでみようかな。。何かわくわくしますネ。


[スミゴルフさんのblog、記事にリンクさせて頂きました☆]
Posted by 深畠みな at 2005年11月11日 23:33
深畠みなさん

座布団ですかあ。本より良さそうですね!!
長時間、楽に弾けたのことで良かったです。
この本は直感でアマゾンで購入しましたが、分かりやすくとても重宝しています。
何かの機会に手にとってみてください。
Posted by スミゴルフ at 2005年11月12日 15:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9065437

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。