カスタム検索

2005年10月16日

10/16の練習&テレビの感想

今日は休日モード。いつものような練習はせず、思いついた曲をたらたらと弾きました。
「上原ひろみごっこ(彼女になりきって適当に弾く)」とかして一人で遊びました。適当に和音作ってバンバン弾いて遊んでいたのですが、なぜか頭に奈良の「東大寺」が浮かびました。「おー、アジアンるんるん

さてさて、今日はろくな練習をしていないので、最近観たテレビの感想を。

10/8(土)音遊人 上原ひろみ出演
上原ひろみさんのニューヨークでのスーパーでの買い物風景なんかが観れました。プルーンを大量に購入していました。世界中を飛び回っている彼女。食生活には何かと気をつけているのだそうです。

ニューアルバム収録の「love and laughter」を演奏。やはりこの曲は良いです。ハッピーモード満載です。前回のトップランナーでは気付かなかったけど、ドラムとの掛け合いが面白い曲だなあと思いました。

10/14(金)たけしの誰でもピカソ 上原ひろみ出演
なんと、上原ひろみさんが実際に習っていた先生のピアノ教室でのレッスン風景を見ることができました。ピアノを弾く子供の側で、曲のイメージを言葉と体で表現する先生。なんだかとっても楽しそうでした。「フォルテで!」っていうよりも「怒ってるイメージで」って言われた方が分かりやすいですよね。大変貴重な映像でした。

ここではこれまたニューアルバム収録曲の「Return of Kung-Fu World Champion」を演奏。「Kung-Fu World Champion」のアレンジ観たいです。彼女の使っているキーボードってエレキギターのウィーンって音を装飾するレバーと同じ機能が付いてるみたい。キーボードひいたり、その機能つかったり、ピアノ弾いたり、なにかと忙しそうでしたが、とっても楽しい曲でした。

10/16(日) 題名のない音楽会
マキシムが出演するということで、観ました。今日は「ドイツ3大B(バッハ、ベートーベン、ブラームス)」特集ということで人気のある曲をランキング形式で紹介していました。

まず驚いたのが「FUTABA」というピアノデュオ。連弾してるんですけど、手が絡み合ったり、ピアノ弾きながら座り位置変えたり、なんかすごいことしてました。ちょっとエロイなと思ったのは私だけ??
(【FUTABA(ふたば)】
音楽大学出身の藤原翠と真籠泉が結成したピアノデュオ。数々のピアノコンクール連弾部門にて1位を獲得。2004年に東京オペラシティーにてソロコンサートを開催。)

お気に入りは羽田健太郎さんが演奏されたバッハの「平均律 ハ長調」。この曲すごく好きで、いつか弾いてみたいと思っていたのでタイトルが分かって嬉しかったです。で、普通に弾き始めたのに、途中からジャズ風にアレンジされた演奏に変わってとっても楽しかったです。バッハとジャズ、面白い組み合わせです。

そして、本命のマキシム。彼のことを知ったのは数年前のFM放送。クロアチア出身の彼は、90年に内戦が勃発して、戦争がおきている中、なんとかピアノの練習を続けてきた人だと聞きました。今では、女性4人組のエレキカルテット(?)の「bond」のプロデューサーとも組んで仕事をしたこともあるらしいです。

今日、初めて、彼の演奏を観たのですが、ノースリーブのトップスに黒のデニム、胸にはクロムハーツっぽい大きなクロスのネックレスというモデルのような服装で演奏してました。バッハの「ゴールドベルク変奏曲(バッハが不眠症の伯爵のために作った曲らしいです)」を弾いていたのですが、素敵な音色でした。モデル系イケメンにクラシックをぽろろんと弾かれた日にゃあ、女性どもはイチコロですね〜。テレビでは「鍵盤のプリンス」って紹介されてました(笑)

ニュー・ワールド
ニュー・ワールド


テレビで素敵な音楽をたくさん聴くことができました。幸せナリ。
posted by スミゴルフ at 12:51| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

上原ひろみ@トップランナー

昨日放送された「トップランナー」を観ました。

彼女の演奏しているところの映像などをみて、大柄で豪快な女性を想像していましたが、出て来たのは、小柄なかわいい女の子(ちょっとミムラに似てる気がしました)。驚きました。

3曲演奏しましたが、ピアノを弾いているのを観ていると、彼女の華奢な指がボキッと折れてしまいそうな力強い演奏。なんか、すごかったです。

私のお気に入りは、もうすぐリリースされるアルバム「スパイラル」に収録されている「love and laughter」。とってもハッピーな(笑)曲でした。

教授好きなダンナは「Kung-Fu World Champion」という曲に反応してました。

トークのときに、彼女が言っていた「ピアノは生き物だ」っていう表現がすごく良かったなあと思いました。

私自身、練習とかを数日サボってて、ピアノを弾いたとき「あぁ、今日はピアノが不機嫌だなあ。弾いてあげなくてゴメンね。」って思ったことがあるんですよ。1ヶ月以上もピアノを弾いていない私。それもあって怖いんですよねえ。ピアノに怒られそうで。って言い訳にしか聞こえないか。

それと、毎日4〜5時間練習をしているという彼女。MCの「大変じゃないですか?」という質問に「私にはピアノしかないから。」って答えていた彼女の『ピアノしかないから』がマイナスのイメージではなく、プラスのイメージだったことに感動してしまいました。ピアノを心から愛してるんだなあってすごく伝わってきました。

上原ひろみさん、すごく良いです。

アメリカの公式サイト:このサイトでは動画や曲をフル視聴できます。「download」というページへGo!
posted by スミゴルフ at 12:24| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

上原ひろみさん TV出演情報

独特な奏法で聴き手を魅了するピアノを弾く、ジャズピアニスト上原ひろみさんが今月たくさんのテレビ番組に出演するようです。私の知っている情報を書き込みます。

10/2(日)NHK 19:00 トップランナー

10/8(土)テレビ大阪 22:30 音遊人

10/14(金) てれび大阪 22:00 たけしの誰でもピカソ

他にも出てるのかな? もし知ってる情報があれば教えてくださ〜い。

以前放送されていた、彼女のキリンビールのCM良かったよなあ(キリンビールのサイトで検索しましたが、このCMは観れませんでした(泣))。今回のテレビ出演、楽しみです。
posted by スミゴルフ at 09:45| 大阪 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

「死んだ女の子」

今夜のニュース23に元ちとせと教授が生出演するらしいです。

広島原爆60周年の前夜ということで、「死んだ女の子」という歌を披露するらしいです。

「死んだ女の子」は、トルコの社会派詩人=ナジム・ヒクメットの詩を、ロシア文学者=中本信幸氏が日本語に訳し、その訳詩を読んだ日本を代表する作曲家=外山雄三氏が作曲した名曲。原爆の悲惨と戦争に反対する切なる気持ちを、原爆の火に焼かれてしまった女の子に成り代わって歌った重いテーマの作品。元ちとせは、デビュー前のデモテープ制作時からこの曲を歌いはじめ、その真摯かつ重いテーマを表現することに4年の歳月をかけ取り組んできました。そして、戦後60年にあたる今年になり、プロデューサー森川欣信と元ちとせの熱いオファーを受け、坂本龍一氏がアレンジ・プロデュースを快諾。NYでのレコーディングを経て、TBS系NEWS23内において広島原爆ドーム前でのパフォーマンスへも参加することとなりました。(元ちとせHPより)


元ちとせさんのHPで試聴しましたが、胸にズキンとくる歌詞でした。

この曲は8月15日までネットで販売され、利益はユニセフに募金されるとのコト。今夜の放送、必ず観ようと思います。


<テレビ視聴後 追記>
「死んだ女の子」。すごくストレートな歌詞でした。ストレートで簡単な言葉が並べられた歌詞なのにすごく説得力がありました。この歌聴いてて、正直しんどい。でもなんか忘れちゃいけない歌のような気がします。
語り継ぐって大変やなあ。
posted by スミゴルフ at 20:26| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

スーパーピアノレッスン

book02.jpg
スーパーピアノレッスン ~ショパン


今夜からスーパーピアノレッスンはショパン編に突入です。

今度の講師はジャン・マルク・ルイサダ氏。

練習曲は
華麗な大円舞曲 変ホ長調 作品18
スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31
マズルカ ハ長調 作品24第2
マズルカ 変ロ短調 作品24第41
ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11番 第1楽章
ノクターン 変ニ長調 作品27第2
ノクターン ロ長調 作品62第1
幻想曲 へ短調 作品49
となっています。

知らない曲ばかり...聴いたら分かるのかな??

PRINCE OF THE PIANO ジャン=マルク・ルイサダPRINCE OF THE PIANO ジャン=マルク・ルイサダ


どこかで聴いたクラシックIV どこかで聴いたショパン
どこかで聴いたクラシックIV どこかで聴いたショパン

posted by スミゴルフ at 15:47| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

クインテットて使われていた楽器

先日の書き込み「7/26のゆうがたクインテット」で書いたナゾの楽器。

どうもチェレスタという楽器らしいです。

↑のリンク先を見てもらえば分かると思いますが、中身が透けて見えます。

打楽器だなんて、ちょっと驚き。ん??ピアノも打楽器になるの???

チェレスタは「くるみ割り人形」のこんぺいとうの踊りの時に使われてる楽器らしいので、音の感じから間違いないかなあと思います。

それにしても、弾いてみたいなあ、あの楽器。
posted by スミゴルフ at 00:28| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

7/26のゆうがたクインテット(金婚式)

体調もよくなってきて、しばらく観てなかった「ゆうがたクインテット」も観るようになりました。

昨日はマリーの「金婚式」(コチラのサイトでMIDIが聴けます。)という曲を演奏していました。

アキラさんはピアノじゃなくちょっと変わった楽器を弾いていました。オルガンくらいのサイズで弦がむき出しになっていて、オルゴールのようなかわいい音の出る楽器でした。

正面の弦がちゃんと見えるように、いつもと違いアキラさんはセンターにいました。

なんの楽器だろう。弾いてみたいなあ。

上で紹介したサイトに私が今練習しているリヒナーの「忘れな草(勿忘草)」のMIDIもありました!是非聴いてみてください。すごく切なくて良い曲ですよ。
posted by スミゴルフ at 15:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

スーパーピアノレッスン<第7回>

NHKスーパーピアノレッスン―モーツァルト
NHKスーパーピアノレッスン―モーツァルト


今回のレッスンはプロのピアニストさんが生徒だったので「プロの方なら彼のダメだしでプライドとか傷付かんのかいな」とハラハラして観ました。

26歳イタリア人、同い年に見えない。7歳からピアノ初めて、今はプロのピアニスト。すごいですねえ。

生徒さんの演奏をはじめに聴いた時になんかまとまりのないつまらない曲だなって思ったのですが、先生の演奏を聴くと流れるような旋律ですごく素敵な曲に聞こえました。弾く人によってこんなにも代わるのかと驚いてしまいました。曲全体を観てバランスを考えながら弾くことが大事なのだそうです。なるほど。

今回の放送、指導中の先生の演奏の時、上から撮影してくれていたので、指の動きなどが分かりやすかったです。(今までは蓋に映る手を見てましたからね(笑))今後もこのアングルで撮って欲しいなと思いました。
posted by スミゴルフ at 15:20| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

スーパーピアノレッスン<第6回>

NHKスーパーピアノレッスン―モーツァルト
NHKスーパーピアノレッスン―モーツァルト


今日は待ちに待った「トルコ行進曲」でした。
最初に生徒さんの演奏を聴いていると、テンポがどんどん速くなっていくのが分かりました。素人の私でも「速くなってるよ〜」とちょっと怖くなりました。(先生に彼が怒られるんじゃないかと思いましてね(笑))

この曲は一度は弾いてみたい名曲なので、レッスンを見てとても参考になりました。指使いをちょっと変えるだけでテンポが速くならなくなるのを目の当たりにして、先生のすごさを感じました。(一度言われただけで実行できる生徒さんももちろんすごかったです!!)

やはり、運指って重要なんですねえ。

来週からは「幻想曲ハ短調K.475」。楽譜見たけどこれも難しそう!今の私にはとうていひけそうにない曲ばかり取り上げられていますが、観てるだけでも収穫の多い番組なのでこれからも見続けたいと思います。
posted by スミゴルフ at 21:25| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

スーパーピアノレッスン<第4回>

NHKスーパーピアノレッスン―モーツァルト

昨日、スーパーピアノレッスン―モーツァルトの放送がありました。

第4回から、課題曲が「ピアノ・ソナタ イ短調 K.331」になりました。生徒さんは台湾人の22歳の男性です。この男性は英語が堪能な様で、先生のジョークも通じるし、言われた事をすぐ実践できるすごい人でした。(前回までは先生はカメラに向かって「オーマイガッ」のジェスチャーをかなりしていましたからね。きっと言葉が通じてないよの意味だったんでしょう。)

今回の曲は、挑戦してみたいなあと思う曲でした。難しそうだけど、弾けるようになったら絶対に楽しそうだと思うんですよね。

今回のレッスンで勉強になった事。

・手首をロールせず手の甲にコインを乗せても大丈夫なくらい動かさない。(アニメ「風の谷のナウシカ」のオームをイメージ(笑))
・楽譜に載っている運指を大事にする。

と言うわけで下の写真は「エリーゼのために」のスコアなのですが
image/pianolesson-2005-04-27T10:24:13-2.JPG
「ラ」を3-2-1-3-2-1で弾くようになってますが、全部3で弾いてしまっています。今回同じような譜面があり親指だけで弾く時と親指、人差し指で交互に弾く時と聞き比べたら全然違うと言う事が分かりました。

だから頑張って3-2-1-3-2-1で弾いてみようと思いました。

この番組、なかなか良いですねえ。
たまにカメラのアングルのせいで両手の動きが見えないときがあるのですが、ピアノがピカピカなので、鍵盤の前面を観ると、手が鏡のように映りこんでいます。だから、そこを観れば、両手の動きが手に取るように分かります。

来週の放送が楽しみです。
posted by スミゴルフ at 10:24| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

4/12放送「スーパーピアノレッスン」

今日、早速観ました。よく考えてみると、私が毎週楽しみにしていた海外ドラマ「恋するマンハッタン」が先月、いきなり放送終了になったのですが、この番組の枠を取るために打ち切られたんでしょうか。ちょっと複雑な気分...

さて、番組を見ました。テキストによると今回の生徒さんは11歳でウィーンに留学するほどの腕前の女の子。1988年生まれって事は17歳!?

今日は「ピアノ・ソナタ ニ長調 K.311」の第2楽章でした。

ピアノ教室に長い事行ってないからかもしれないけど、ちょっと演奏記号を見落としたりしても注意されて大変やなあというのが、率直な感想です(笑)。

でも、先生の言うとおりに弾くと、曲がグンと良くなる。演奏記号は作曲家が「こう弾いてくれ」と私達に送るメッセージですもんね。大事にしろという事なのでしょう。

今回「トリル」という言葉を覚えました。音符の上に「tr」とつくとティロティロリンと弾くようです。今度弾きたいなと思っているショパンのノクターン(フジ子さんがクラシックオブザイヤーを受賞された時に弾いた曲)にもすごく良く出てくるんですよね。演奏記号の解説によると「その音とその2度上の音を速く反復させて音を揺らす」とあるのですが何回弾くとか言う決まりはあるのでしょうか。

ちょっと研究します。

この番組、弾くには早いですが、ピアノ教室の雰囲気を掴んだり、上記のように演奏記号を覚えたりととてもよい刺激をくれる番組だと思いました。番組終盤でその日レッスンした曲を先生(フィリップ・アントルモン氏)が弾いてくれるのですが、それも楽しみです。


テキスト→NHKスーパーピアノレッスン―モーツァルト
posted by スミゴルフ at 22:57| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

追記「スーパーピアノレッスン」

NHKスーパーピアノレッスン―モーツァルト

明日放送という事でさっそくテキストをチェックしました。なかなか面白そうだったので、テキストとビデオテープを購入しました。

25分番組で残り16回だから120分テープで3倍録画すれば最後はちょっと切れるけど1本のレッスンビデオになるかなと思いました。

さて、内容ですが、フランス人ピアニスト、フィリップ・アントルモンさんが講師で

ピアノ・ソナタ ニ長調K.311
ピアノ・ソナタ イ長調K.331「トルコ行進曲付き」
幻想曲 ハ短調 K.475
ピアノ・ソナタ ハ短調K.457
ロンド ニ長調 K.485
ロンド イ短調 K.511
「女ほどすてきなものはない」の主題による8つの変奏曲 ヘ長調K.511

のレッスンとなっています。テキストには各曲のスコア、作品の解説、そしてモーツァルトに関する記事などが掲載されています。

今の私にはかなり難易度の高い内容なのですが、ピアノレッスンを見学するつもりで見ていこうと思っています。

この番組を初めて知りましたがシリーズでずっとやっているようですね。ちなみに8月からはベートーヴェン、12月からはショパンをやるようです。

スーパーピアノレッスン〜モーツァルト〜4月5日火曜から毎週火曜・教育・午後7時25〜7時50分

NHKテキスト「スーパーピアノレッスン―モーツァルト」


posted by スミゴルフ at 18:27| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育テレビ「スーパーピアノレッスン」

いつもコメントを頂いているbyonbyonさんに教えていただいたのですが、教育テレビでピアノレッスン関連番組が始まったようです。明日は放送日なので観て見ようと思います。


スーパーピアノレッスン〜モーツァルト〜4月5日火曜から毎週火曜・教育・午後7時25〜7時50分

NHKテキスト「スーパーピアノレッスン―モーツァルト」



posted by スミゴルフ at 08:25| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

第19回日本ゴールドディスク大賞

フジ子・ヘミング こころの軌跡(CCCD)


昨日深夜再放送されていた「第19回日本ゴールドディスク大賞」を観ました。

フジ子さんは「こころの軌跡」というCDでクラシックオブザイヤーを受賞されていました。途中まででしたが、ステージ上での演奏を見ることができ、感動しました。(ちなみにショパンの「ノクターン 第2番 変ホ長調 作品9の2」を演奏されていました。)

念願の、演奏中の手元を見ることができました。滑らかな演奏でした...フジ子さんの手元だけを撮影したDVDとか出ないですかね。ピアノを練習する人たちのために。売れるような気がしますが。

フジ子さん目当てでこの番組を観ましたが、他にもいろいろと収穫がありました。中でもお気に入りは元SPEEDのhiroを中心にしたジャズプロジェクト「Coco d'Or」のアルバムです。「It's Only A Paper Moon」という曲のパフォーマンスを観ましたが、すごく堂々と歌い上げていて、バンドの演奏もすごく良かったです。機会があれば、CDを聴いてみたいと思いました。

Coco d’Or Parfait
Coco d’Or Parfait
posted by スミゴルフ at 14:25| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

ゆうがたクインテット

最近、教育テレビの「ゆうがたクインテット」という音楽番組がお気に入りです。

人間の「アキラさん」とパペットたちがいろんな音楽を演奏する子供向けの10分番組なのですが、大人も十分に楽しめる内容なのです。

特に、番組後半部分にアキラさんがアレンジしたクラシック音楽を演奏するコーナーはお勧めです。楽しくクラシックが聞けます。良く耳にする音楽に「へえ、こういうタイトルだったんだ。」という発見もあります。


そうそう、この「アキラさん」は「マツケンサンバU」の作曲家でもあります。これを偶然知ったときちょっと嬉しかったです。


ゆうがたクインテット? ←ファンサイト
宮川彬良ファンクラブ ←宮川彬良自信のサイト。「マツケンサンバU」作曲時のエピソードアリ。
posted by スミゴルフ at 19:46| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジ子・ヘミングの歌

浦沢直樹原作の「MONSTER」というアニメが深夜に放送されていたのでビデオに録画して今日観ました。アニメは初めて見たのですけど、なんとそのアニメのエンディングテーマをフジ子さんが歌っていたのです!

歌手活動もしていたなんてビックリです。


MONSTER オリジナルサウンドトラック2
↑この中に彼女の歌が収録されています。なんか不安定な感じの世界でこのマンガにぴったりだと思いました。


【中古コミック】 MONSTER 完結セット(全18巻)
↑なんだか後味は悪いんだけどハマってしまうマンガです。

posted by スミゴルフ at 19:07| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(2) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。