カスタム検索

2005年11月07日

いすの高さ

最近本気モードに入ってきたところで、以前購入した「ピアニストへの基礎」という本を読み返しています。

右手のオクターブが容易に弾けるようにと願いを込めて、本に書かれた手のマッサージを始めてみたり、朝起きたら体操をしたりしています。

今日はいすの高さを再確認してみました。そして今より少しだけいすを高くしてみたのですが、とても良い感じです。

「腕の重みで鍵盤を押す」とはこういう事かあと実感することが出来ました。今までの高さだと少し低かったようです。

余計な力が要らなくなったので、その分運指が楽になりました。今日はいつもより疲れませんでした。

ちょっとのことでこんなに変わるとは...感動しました。

ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために
ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために
posted by スミゴルフ at 16:20| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

脱力&姿勢

ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために
ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために

アマゾンで結局買ってみました。本についていた帯に「安川加寿子氏推薦」の文字が。安川さんとは何かとご縁があるようです。安川さん、お世話になってます。m(. .)m

まだ前半部分しか読んでいないので、実践には入っていませんが、タリアフェロさんという女性がいたということを知れたというのは大きな収穫です。1987年に95才で亡くなる前年までピアノを教えるためにいろんな国を飛び回っていたなんてすごい。高齢でもピアノが楽に弾けるという彼女の教えにかなりの期待を持っています。

基本は脱力と、良い姿勢のようです。
背中を伸ばして楽にし、腕だけを動かす。私は高校時代に弓道をやっていたので、これなら抵抗なく実践できそうなんて思いました。

序章を読み終え、第1章を読みかけたところなのですが、いきなり「ピアノの前に座るのはちょっと待って...」って書いてあるので、なんとなく座れずにいます。その前にたまっていた用事をやってたら数日が過ぎてしまいました。これってどうよって感じなんですけど(苦笑) 
それと、先日ダンナとテニスボールを取り合って左手人差し指を痛めたというのもあるんですよね。(痛みは取れてきたので大丈夫だと思いますが) って言い訳じゃないですよ〜。

スーパーピアノレッスン ~ショパン

そうそう、「スーパーピアノレッスン」の新しい先生であるルイサダ氏、良い方ですねえ。日本人の生徒をリラックスさせるために知っている日本語を時々使ったり、曲の最後でミスタッチしてしまった彼女を「曲が終わったらすぐ拍手があがるから、間違えたことは誰にもわからないよ。」なんて言って気遣ったり。

今回の生徒さんにはしきりに姿勢のことを注意されていました。姿勢を良くして、頭を上に上げていないと音の響きが分からなくなるからだそうです。なるほど。そうだよなあ。それに、観てるほうも姿勢の良いほうがリラックスして聴けます。

あと、音を出すときは力むんじゃなくて、自然に指が落ちる力を使うようなこともおっしゃっていたような。

弓道でもそうなのですが、力が入っているときれいな射型(しゃけい)はできないんですよ。結果も良くないし。ピアノでもそうなんだなあと感じました。

そういえば、弓道の教本に「骨で射ろ」ってありました。力で弓を引くのではなく、骨格に逆らわず、骨を動かす力を使って弓を引けって言う意味です。そうすればきれいな射型が得られ、中り(あたり)につながると。

ゴルフを始めたとき、基本精神が弓道に似てるなあと思ったんですが、ピアノにも共通する所があるのかも。新たな発見でちょっと嬉しい今日この頃です。
posted by スミゴルフ at 09:37| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

お勉強

作曲家のことをちょっとお勉強しようと思い、2冊の本をアマゾンのマーケットプレイスで買いました。

新潮社からでている「ショパン」と「ベートーヴェン」です。

スーパーピアノレッスン」で今ショパンをやっているのと、エリーゼのためにを練習していることからこの2冊を買ってみました。他にも「モーツァルト」「ブラームス」「バッハ」などがあるようです。

今日「ショパン」が届きました。カラーの写真がたくさんで、文庫サイズですが、かなり読み応えのありそうな本です。良い買い物をしました。お勉強しよっと。

ベートーヴェン  ベートーヴェン

それにしても注文した「スーパーピアノレッスン」のテキストがまだ届きません。明日放送日なのになあ...
posted by スミゴルフ at 18:21| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

気になる本

ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために
ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために


疲れない弾き方(脱力の仕方)など詳しく書いてあるらしいです。ちょっと本屋で探してみようかな。

今日は体調が良いので、いろいろ用事を済ませた後にピアノを弾きたいと思います。ぴかぴか(新しい)
posted by スミゴルフ at 12:36| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

大人買い??

アマゾンのサイト観てたら、「大人買いして いっき読み! コミックセット」なんていうタイトルのページがありました。
確かにまとめ買いできるのは、働いている大人の特権かもしれませんね。

のだめカンタービレもその仲間に入ってました。ダンナがラジオで今人気の少女漫画で1位だと放送されていたと言ってました。コレだけ面白いから、たくさんの人が読んでるんですね。口コミで拡がって行ってるのかな?ちなみに私はこのマンガを知るまでマンガ雑誌「KISS」の存在を知りませんでした。


のだめカンタービレ 1~12巻セット
のだめカンタービレ 1~12巻セット
posted by スミゴルフ at 14:43| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

峰くんですヨ。

ただいま、「のだめカンタービレ」3巡目です。読むほどに面白いわあ。ただ、私は人と比べて読むのが速いらしく、だんなにもっとゆっくり読めば、1度でじっくり理解が出来て楽しいのになんて言われてます。そうなんかなあ。

そんなこんなでみつけた「のだめカンタービレキャラクターチェック」。
10問の質問に直感で答えて、私がどのキャラタイプかがわかるテストらしいです。

結果は大学裏の中華料理屋「裏軒」の息子、峰君(ヴァイオリン担当)でした。

***********************

あなたは【峰くん】タイプです。

ときに迷いながらも、おのれの道を模索して突き進んでいくあなた。
根本的に単純直情的なあなたは、『のだめカンタービレ』のキャラでいうならば【裏軒の峰くん】がぴったりです。
基本的にアホですが、単純で熱中的な性格がまわりの人たちを巻きこむムードメーカー的な役割をすることがありそうです。
おのれの夢を的確につかむことで、そこに向かってたゆまない努力をしていくことができるでしょう。
間が抜けているようでいて、意外とちゃっかりしている面もありそうです。

キャラ紹介:峰龍太郎
のだめと親友のバイオリニスト。アホな奇行で気が合うらしい。
音大の裏にある『裏軒』の息子で、過保護なオヤジさんには甘えきっている模様。
R☆Sオーケストラの名称を勝手に決めたり、ちゃっかり清良とできちゃったり、意外とおいしいとこどりするキャラ。
永遠に続くオーケストラの夢を叶えるため、爆進中!

天賦の才能  54%
野心  57%
勤勉努力度  51%
天然ボケ度  100%

***********************

うーん、あっているような気がしないでもない。
ただ、天然ボケ度100%はちがうな。私のボケは計算づくです!(キッパリ)

そうそう、Sオケが文化祭で演奏したガーシュイン作の「ラプソディ・イン・ブルー」が聴いてみたいなと思いました。私のお気に入りの曲「アイ・ガット・リズム」(現在着メロに設定中)もガーシュイン作なんですよね。もしかして、ガーシュインって超有名人??

CDとか出てるんでしょうか。西梅田のJEUGIAでちょっと探してみようかな。

このマンガよんでると、音楽やりたくなります。不思議です。

ああ、なんかこんなご丁寧なサイトまである!
のだめカンタービレ クラシック作品辞典

それによると、ガーシュウィン作品集というCDが良いみたい。
「ラプソディ・イン・ブルー」の演奏が「バーンスタイン」ってなってます!!バーンスタインってフジ子さんの憧れの指揮者ですよね。すごい。聴いてみたい!

なんだか楽しくなってきましたるんるん
posted by スミゴルフ at 03:19| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

音楽用語辞典

image/pianolesson-2005-05-11T11:27:03-2.JPG

先日購入した「独仏伊英による音楽用語辞典―速度 発想 奏法

事務用のインデックスを半分に切り、アルファベットを書き込んで見出しを作りました。これでかなり使いやすくなりました。

ブルグミュラー」第19番「アヴェ・マリア」の第1小節目に「religioso(レリジョーソ)」とあったので調べてみたらイタリア語で「神仏を敬う気持ちで」とありました。

この曲を弾いているとなんだか心が落ち着いてきます。神社やお寺に行くと気持ちが落ち着くのと同じ感覚になるのです。この指示には納得しました。

いままで、こんな辞典を持っていなかったので、たくさんの音楽記号を無視してきましたが、これからはちゃんと理解しながら弾いていきたいものです。
posted by スミゴルフ at 11:27| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

勉強本購入

楽譜を見てて、意味の分からない言葉が書かれてたり、音符を見て弾いてるけど自信がなかったり、いろいろと支障が出てきたので、勉強用に本を2冊購入しました。

まずは、ビリーさんがオススメしていた

独仏伊英による音楽用語辞典―速度 発想 奏法

独仏伊英による音楽用語辞典―速度 発想 奏法
コレはその名の通り音楽用語の辞典で、アルファベット順に用語の意味が書かれています。とても分かりやすいです。でも普通の辞書と違い、側面に何も書かれていないので、アルファベットが変わるページに自分でインデックスを付けたら使いやすいかも。

次に

新しい楽典

新しい楽典
パッと見教科書のようで、とても分かりやすく書かれています。
一番感動したのが、トリルを分かりやすく解説してあった所。トリルが付いた時の奏法を譜面にしてくれています。
これは、音大受験を考えている人の入門書にもなるほど定評があるらしく、巻末に問題集と別冊で解答集が付いていました。

これらでいろいろ勉強して、楽譜を理解していきたいと思います。
posted by スミゴルフ at 13:17| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

フジ子さんサイン会(esprit de Paris)

Fujiko Hemming esprit de ParisFujiko Hemming esprit de Paris



フジ子さんが東京で出版記念のサイン会をされたようですね。

Sky&Cloudさんに教えていただいたニュースの記事によると

著書では、名前が知られるきっかけになった99年放送のNHKドキュメンタリー番組に言及。同局スタッフが没落したフジ子を取材したかったのに実際は大人気だったため番組をお蔵入りさせようとしていたことを暴露。放送の3日前に「放送しないと首をつって死んでやる」と電報を打ち同局が翻意したという。


ってフジ子さん、こんな一面もあるのですね。スゴイ。

この本にはインタビューCDも付いているとか。気になります。

サイン会に実際に行かれたnaokixxxmukuさんはおしゃべりも出来たようです。くわしくはコチラ
posted by スミゴルフ at 17:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

週末のお買い物

ピアノのテクニック
ピアノのテクニック


メモリー
メモリー



「ピアノのテクニック」という楽譜と「メモリー」というタイトルのリチャード・クレイダーマンのDVDを購入しました。

「ピアノのテクニック」を手に取ったとき、すごく懐かしい気持ちになりました。姉が持っていたのか、ピアノ教室においてあったのかとにかく、昔見た楽譜だったからです。

普通の楽譜よりひとまわり大きいです。ところどころに「ピアノ巨匠たちの名言」がかかれてあるのが面白いなと思いました。

「メモリー」はまだ見ていません。ただ、彼のCDでも3千円はするのに、DVDで2千円という安さだったため衝動買いしてしまいました。「渚のアデリーヌ」、「愛しのクリスティーヌ」は小学生だった頃、自分で練習して弾けるようになった思い出の曲なので、是非オリジナルを聴いてみたいと思います。
posted by スミゴルフ at 18:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

クラシック・イン

CDつきマガジン クラシック・イン 第3巻 リスト / ショパン ― フジ子・ヘミング 名演集 12cmCDつき [雑誌]
CDつきマガジン クラシック・イン 第3巻 リスト / ショパン ― フジ子・ヘミング 名演集 12cmCDつき [雑誌]



隔週火曜日に発売されているCD付の雑誌「クラシック・イン」の第3巻はリストとショパンの特集なのですが、なんとその付録のCDはフジ子・ヘミングさんの名演集らしいのです。

収録曲は
リスト:パガニーニによる大練習曲 S141−3「ラ・カンパネラ」
リスト:伝説 S175−1「小鳥に説教するアッシジの聖フランシス」
リスト:詩的で宗教的な調べ S173−7「葬送曲」
リスト:ハンガリー狂詩曲第2番 嬰ハ短調 S244−2
ショパン:エチュード第1番 変イ長調 作品25−1「エオリアン・ハープ」
ショパン:エチュード第7番 嬰ハ短調 作品25−7
ショパン:プレリュード ト長調 作品28−3
ショパン:プレリュード イ長調 作品28−7
ショパン:プレリュード ロ長調 作品28−11

これで、980円は大変お買い得だと思います。

詳しくは、小学館HPへ。
posted by スミゴルフ at 21:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

楽譜を買いました。

昨日本屋さんに行きました。楽譜売り場に行き「ツェルニー30番練習曲」を買いました。見覚えのある内容だったので、昔遊びで弾いた事があるのかも...


そして気が早いかなとも思ったけど、ソナチネも買いました。最初は青い表紙のポピュラーな楽譜を手に取ったのですが、春秋社から出ている>ソナチネ集 1 (1)オレンジ色の表紙がすごくかわいくて、譜面もこちらのほうが見易かったので、値段は高かったけどこちらを買いました。

050220_1040~01.jpg
↑こんな感じ。「」は。「」は灰色のような水色です。

posted by スミゴルフ at 10:55| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

月刊ピアノ増刊号「くつろぎのピアノ」

月刊ピアノ2005年2月号増刊くつろぎのピアノ2005

いよいよ、ピアノの納品が明後日となりました。

今日、本屋さんでくつろぎのピアノ2005(月刊ピアノ2005年2月号増刊)という雑誌を発見。なかなか良い選曲のスコア雑誌なので買ってしまいました。内容は下記の通り。

朔と亜紀 〜TBS系金曜ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」OSTより〜

人生のメリーゴーランド 〜宮崎駿監督映画「ハウルの動く城」OSTより〜

いま会いにゆきます/時を超えて 〜映画「いま、会いにゆきます」OSTより〜

Asience-fast piano 〜花王「ASIENCE」CM曲〜

Yamazaki 2002 〜サントリー・ウィスキー「ヤマザキ」CM曲〜

Oriental Wind 〜サントリー緑茶「伊右衛門」CFソング〜

Spring 〜Benesse「進研ゼミ」CFソング〜

Remembering Me 〜ドラマ「美しき日々〜Beautiful Days〜」より〜

約束-Our Same Word(piano ver.) 〜ドラマ「東京湾景」OSTより〜


瞳をとじて〜ピアノバージョン〜 〜全国東宝系ロードショー映画「世界の中心で、愛をさけぶ」より〜

かたちあるもの 〜TBS系金曜ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」主題歌〜

思いがかさなるその前に 〜TOYOTA「COROLLA FIELDER」CM SONG〜

・Million Films 〜NTT西日本「キャラクターDENPO」CMソング〜

・陽のあたる家 〜TV朝日ANB系「やじうまプラス」番組テーマ曲/「TBS JUST BEAUTY」キャンペーンソング〜

GLORIA〜希望の光 〜日本TV開局50年特別企画「仔犬のワルツ」〜

・小さな旅 〜NHK「小さな旅」テーマ曲〜

・エトピリカ 〜MBS/TBS系全国ネット「情熱大陸」エンディング・テーマ〜

・Morning Glory 〜NHK「生活ほっとモーニング」テーマ曲〜

Summer 〜映画「菊次郎の夏」/トヨタ カローラCM〜

・弦楽のためのアダージョ

・アイネクライネナハトムジーク

・JUPITER〜組曲「惑星」より〜

・トロイメライ 〜ドラマ「冬のソナタ」より〜

・はじめから今まで(最初から今まで) 〜ドラマ「冬のソナタ」主題歌〜

・My Memory 〜ドラマ「冬のソナタ」より〜

Don’t know why (ノラジョーンズ)

オネスティ 〜三井住友銀行企業CM曲〜

ピアノマン 〜東京電力企業CM曲〜

・ムーンリヴァー 〜映画「ティファニーで朝食を」より〜

涙そうそう

ハナミズキ 〜日本TV系「火曜サスペンス劇場」主題歌〜

少年時代


なんだか、全部知ってていい曲ばかり!坂本龍一ファンのだんなにナイショでアジエンスのテーマソングを練習して驚かせようと考えてます。
posted by スミゴルフ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

楽譜

さて、今私の手元には4冊の楽譜があります。

ピアノ名曲110選 グレードC 〔ドレミ楽譜出版〕

フジ子さんの十八番とも言えるリストの「ラ・カンパネラ」と私の好きなドビュッシーの「月の光」が載っていたので購入しました。

リチャードクレイダーマン オリジナルスコア 巴里のひととき

初めて自分だけで練習して弾けるようになった曲「愛しのクリスティーヌ」が載っていたので懐かしくて買ってしまいました。この楽譜にはオーケストラ演奏によるカラオケCDが付いていて(ピアノの音だけ入っていない)、リチャード・クレイダーマン気分が満喫できるらしい。

ピアノ曲集 坂本龍一

坂本龍一ファンのだんなにもらいました。ピアノが弾けない彼がなぜこれを持っているのかはナゾ。私の知ってる曲がないのが難点....

標準新版 ブルグミュラー25の練習曲

ピアノの練習をするといったら、友人がプレゼントしてくれました。昔練習していた楽譜なのですごく嬉しかったです。

とまあ、私の方は準備万端なのだけど、ピアノは早くて来週末にしか届きません。あー待ち遠しい。
posted by スミゴルフ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。